1628s 「LIFT-OFF」| OFFICIAL IAOT? DOCUMENTARY images and subtitles

このビデオを開始する前に、彼ら2018年ワールドツアーの直後にプロジェクトを開始した。 ツアーの成功進行とともに、DPRは、新しいプロジェクトのインスピレーションを得るために始めた。 - 数え切れないほど多くの企画、集中、チームワーク、熱意を必要とするプロジェクト。 この映像は、「IS ANYBODY OUT THERE?」発売3ヶ月前から撮影された映像では、プロジェクト全体のプロセスの中で部分である。 このドキュメンタリーのシーンは、プロジェクトの仕上げ段階の日常業務のプロセスをそのまま示している。 - 様々な録音セッションでは、映像会議、お互いの間対話たち。 ここには、完全に独立し、このエンターテイメントラベルであり、真っ直ぐな夢を持っている友人の集まりであるDPRの素直で真摯な姿が盛られている。 DPR IAN:もしもし? お元気ですか? うーん... だから... 要するに、ジョンがこのアルバムのすべての過程を映像で入れればどうだろうかと思っていた... 最初から最後までうーん...ただ素晴らしいだろうと思った。 裏で何が起きるのか、人々に示すためにな。 知っている、DPRが見せなかった姿。 そして、私たちがどのようそれ水没たかも示し。 はい、あなたの考えを教えてください。 良い、良い...さようなら。 アルバム発売3ヶ月前 DPR LIVE:はい、人々はこれを聞くと、何かを感じるだろう。 IAN:はい。 LIVE:思わぬ感動を受けたら良いだろう。この曲聴きながら。 「HERE GOES NOTHING "から" GERONIMO」まで LIVE:ぴったりそれを聞いて、「ああ、これは私が予想していたことはなかった。」 IAN:うん、うん。 LIVE: "なぜこんなに感動ができますか?」 DPR REM:ちょうど続けて。 飛行機の音を低減その間に他の効果や音を交差する場合 LIVE:*サウンドエフェクト*メーデーメーデー REM:それではより本物のように聞こえるね。 そうすれば、あなたは明らかな方法を選ばなくてもいい。 そして自然に次の部分で進むことができている。 だから、それも今どのように見れば、私たちが一緒にいる時は少し構成を保持または、この子が(IAN)思っていた少し "ハイパーループ」のようにスターウォーズのように "zoom"そうする時じゃない。 そのLEDを少し丸く制作を行うことができれば IAN:後ろから見た時と前を見たときちょっとそれどの程度もう少し出たら風雅と思います。 これは単に私の好みだ。 何か...金属は風雅のように思える。 だから最後の部屋じゃない。 ですから、ダビングがあなたのカメラの前にすぐに立つだろう。 そしてあなたは「Do not get s ** t twisted man。 Keep doing you、so I can do me」 そしてドアが開き、あなたがジャンプだ。 REM:それ "NEON"を一度に撮影か? IAN:はい、一度に撮れるよ。 一度に撮ることができ、... 知っている、いくつかのことを行うことができ、... それは私が考えをみなければなら要素だろう。 REM:その後、子一つは、そこからスピンまあ...このようなものまた、今ではどのように撮るかここでどのよう除去できるかどうかが重要。 このセットで。 REM:本当にクールなパッケージCDデザインを救った。 IAN:ああ、本当に?再び返してくれました? REM:私たち(CDデザインアーティスト)と一緒にそれをやった。 スペースパッケージ IAN:よクールです。ネクストレベルね。 REM:これネクストレベルではないと? IAN:私はそれ考えもできなかっただろう。 REM:この方法粋かどうか知ら? CLINE:一つずつ入ってみよう。 CREAM:後ろを文字列に長くドラッグする必要がして。 LIVE:はい、長く集め「フェードアウト」感じを持って行かなければなら。 REM:論理的に言えば映像の3つを作成のか、それとも2つを作ってもっと力を与えるのか...そんなんだ... LIVE:うんうん...ただ...惜しいかけるそれだったんだただ...私たちが想像していたすべてのもの... IAN:右、右。 LIVE:世界の人々が、その部分を絶対に分からないように思える。 IAN:私は今マクヒョトオ。 それはあまりにも難しい... 何かはるかに複雑なった。 今しようとするのが、私たちが持っている要素を使用してストーリーを最大限想像をしている。 むしろ、私たちが最初に想像して行こうとしていた方向がこうだったら今続けほど行く方向がずれている。 だからこれ、これ、これらを私たちが放棄になったんだ問題があまりにも多かった。 REM:期待したのとはあまりにも違って出てきた。 ダビングが時間に追われ、 ローマが見る時はセットデザインが想像したのと別の方法で得られたただ...すべて...コスチュームまで私たちは最善を尽くしたが、うまくいかなかった。 ここで疲れている場合ダメ。ただ...再び適応をすべき。 LIVE:ぎこちないませんか? IAN:いいえ、それ以前にも良かったのに。 ところで、なぜ変えたのか分からない。 それは少しおかしくなる唯一の理由は、その歌詞から。 「Uh、got the lows、got the lows " だから、CREAM型はそれより自然するつもりです。 さて、その音、ビートピアノの部分まで自発よ。 CREAM:一度はまあ、みましょう。 LIVE:ちょうどみよう、一応は。 LIVE:レガシーコレだけ出したとき、いい。 自己セン声でああ、ジューシー面白い! IAN:はい、それは少しより感じる必要があり行う。 アルバム発売2ヶ月前 REM:オレンジウンビョル(スタイリスト):オレンジですか?オレンジはまだました。 オレンジよ。 REM:これはいいし、オレンジ色のはああ待っロゴはそれですか? 黒これみんな大丈夫だったよ。 精勤(スタイリスト):手起こすない離れて。 REM:一度マスクは、その二つのしかない準用(スタイリストアシスト):これは合わない持って REM:カスタムはどのように? ウンビョル:横にはヨロトゲ少しマスクひものようなものがあれば、よりきれいだろうか? ここ付着をさせるとされ、このようなようにこのような紐が必要であるこれぞ REM:知っている、何は言って。 IAN:考えていた、もしダビングががバンダナ、黒バンダナを持つことができている場合わき腹を覆うことができた。 REM:おそらくその音が好きです。 ウンビョル:それは多頻度がむき材もいいじゃない LIVE:終わり? ウンビョル:うーん終了します。 IAN:どう?歩くことがありますか?移動できますか? LIVE:うん、気楽行う。 IAN:これはあなたのバッグに接続だ。 LIVE:うん。 IAN:好き良い。 DPRがこのアルバムのためにここまでしてきた多大な努力にもかかわらず、 まだ終わっていない複数のトラックと多くのデモが不完全だった。 締め切りが迫っている中で、必死に創造性を発揮しようとがライブは短い旅行を要請し、都市から遠く離れている、新しい環境での歌の作業を行った。 LIVE:変わるのが風雅のように思える...人々がたとえば、「王、ラップ " CREAM:ああ、心が楽になる。 とても良いです。 LIVE:頑張って... 健康に食べよう! スタントチームの監督:感じだけ飲み物ホールド面は私達が今撮影時カメラセッティングに合うようにそこで少しずつ修正をしながらそうすればなると思います。 LIVE:はい。わかりました。 IAN:忍者... ニンジャタートルズ... いい〜 LIVE: "Potential" [ムービー撮影前の日] IAN:そっちを見て。 そこまでない出てないでしょう?これも出てくるのがよりナトナ? このような場合には、? うーん、大丈夫だ、大丈夫だ。 [ムービー撮影日] REM:これ持って行かなければならませんか? 準用:はいはい。また、 CLINE:私?駐車するときいくつかのチョルアト語ヨンオ(マネージャー):おい、駐車よく言った... CLINE:駐車ず足... IAN:行こう... 出発しよう... 号(助監督):して...地球...これは今白い色? 号:ああところで「LEGACY」の服がこれぞ? LIVE:ああ、これラップ部分ですか? IAN:うん。これ最初はこのように起動しよ。 さて、これが「NEON」と想像みよう。 しかし、「LEGACY」は、同じシーンで始めたが、あなたは今、火星にいる。 準用:膜離れて得た。それ緩め REM:点灯しない。 汗のためであるように思える。 助監督:息ができない休んれ? IAN:大丈夫です。 ドローン運転(ギムミンチャン)スモッグ散布語? ジョーガムゴク:スモッグよ! LIVE:わかる。 IAN:手に落ちるだろう。 分かる? そうするうちに落ちるとるだろう。 LIVE:これは一度よりしてみよう。 IAN:もう一度したいですか? あなたはボタンを触れているスイッチつけてあなたは、実際にそれを運転している。 ヨンオ:ダビングああ私を占めていい。 CLINE:二日目IAN:二日目かっこいい。 映画の撮影現場に来た感じなのに。 これは我々が正確に行うことだ。 確かに 「宇宙の旅」、「スター・ウォーズ」から多くの影響を受けた。 私育ったこのすべてのものさて、行く...ジェロニモアクション... ! カメラを前、例えば... かなり面白いんじゃない? こうしたことじゃない。 フェンシングするふりをすることも、 エネルギーに...楽しみながら行う。 行くよ! REM:そりゃ、そりゃ、そりゃ! カット! 行こう!それだよ! IAN:起きて... 横を見ると思います。 LIVE:わかる。 IAN:さて、すべての上、多終わった。 終わった、型。 はい終わりました! 助監督:ご苦労様! ご苦労様! アルバム発売1ヶ月前 [ミックスシンスタジオ] REM:両方の部分を犠牲が必要です。 あまりにも芸術に向かってのみ行くならないように思える。 例えば、「ああ、私たちはこれであるデシベルをもっと下げよ...」 このようなものはい、もう一度することができている。 しかし、私たちはずっと後ろに行かないだろう。 なぜならこのようにすると、すべてのものが遅滞なれば。 IAN:ところでこれは... REM:私たちが遅れる場合にところで私は100パーセント、99パーセント遅いだろうと確信して。 これを見ている人に教えて寝る私たちは本当に締め切りに近づいている。 そして、私の役割のすべての人々にはこれが一番のストレス受けることだ。 だから、私たちはここに集まっている私たちはお互いに更新し、 このすべてをパッケージして最終版をマスタリングに送信できるようにするんだ...しかし、 今はかなりのストレスをたくさん受けています。 文字列監督:93まではして後ろにコピーして後ろトレモロも同様にそのようにすれば良いと思われる。 現在のトラックの「KISS ME」と「NO RESCUE NEEDED "の文字列を記録を終えて、チームは音楽を作る過程で最も重要な部分の一つであるミキシングを始めた。 しかし、時間の制約と仕上げのために、DPRは、彼らの残り時間をどれだけ使用したかについて創造する必要がありました。 REM:私と今日のクリーム型は型(ミックスエンジニア)が送ったミックスにすべてを私たち同士メモして... 私たち同士いくつかの整理をしてダビングがに終盤確認を受けるとしている。 LIVE:だから...日(x9) もっと...前の...前フック少し合わないようで... ロー一つが何か...も 「オオオ「そうさが... 要件は... "語語「そう出たらいいのに IAN:このように聞こえるよ... 幾重にも積もっ。 LIVE: "So I hit the" ... IAN:そうそうそう。 もしかしたら、そこに変化を与えることができるサウンドがある場合は? LIVE:それ録音して。 LIVE&IAN:ああそれ、最後のゴヨトオ最後何か。 LIVE:聞いてみよう。 IAN:音ちょっと育ててください。 IAN:オリジナル何だった? REM:一音より低く。 IAN:そうそう。 私はそれが...しかし、私はそれより慣れのに。 REM:私はこれより慣れ。 好き〜 IAN:私は "HERE GOES NOTHING」のコーラスをしている。 この歌に60人が参加したかのように見えるようにしようとしている。 これは容易ではない。さて、一度聞いてみよう。 LIVE:オーケーオーケーオーケーはい今終わった。 この歌は...まだ次の曲が残っている。 今、私は今できるのは「NEON」エンディングなのに知っている歌詞に続く「Your kisses make me go "または 「Your kisses make it go、neon、neon "が出てくるんじゃない素敵だと思ってサビ部分もエキサイティングに... 「Neon」というが私は人々が「neon」を見て感じることができるよう釘したものと思います。何は言って知っている?だから私はよく分からない。 IAN:好き...良いと思います。 LIVE:そして "紫、青、紫、ピンク"をしてから、「お前」と言って。 IAN:良い。 最大限その程度なられるようだ多たように思える。 永遠終わるようでなかったミキシング、修正および録音は、最終的に終わった。 ミキシングが終わっマスタリングスタジオに行く時間になった... LIVE:マスターズ CREAM:大丈夫。かっこよくLIVE:多どう思う? 「NO RESCUE NEEDED "の最後には重要だと思う CREAM:ここに壊そう...声出る前にマスタリング監督:苦労しました。 REM:ない型。 LIVE:よく来ます。 REM:型も一度遊びに来て。 マスタリング監督:遊びに行くのに... CREAM:型も忙しいでしょう..? 【ティーザー発売日]ヨンオ:本物かっこいい。 ウンビョル:もちろんです。 IAN:知っている知っている...でもREM:私以外のメオでティーザー4k HDにダウンロードした。 IAN:4kはちょっと暗くて...だからREM:停止します。おくつろぎください。 REM:あなたの奇妙な薬を食べた。 あなたは4kという薬をした。 IAN:ない...これは職業病だ... REM:ない。それだけで「無駄な病気」だ。 IAN:信じて、信じて。 このような大きな違いがないことを分かる... LIVE:4分 3分残った。 CREAM:あなたから上げ LIVE:2分世界が用意されてますか? 世界が用意されてますか? 準備ないされたようだオー!引き上げた!!! CREAM&ウンビョル:引き上げた。 IAN:第101編集セッションに来たことを歓迎します。 ここは私の小さな家のスタジオだよ。 私は私たちの家で編集することが好きです。 私元を与えるからであり、 この子がいるからでロリ:第...してくださいご主人様... 今、私は「LEGACY」を編集している。 そして、これは最初のミュージックビデオ発売になるだろう。 編集は私の計画のプロセスの60〜70%程度であり残りは計画、撮影... 良いようだね。 従ってこのビデオは非常に重要。 これは、このビデオは、多頻度が、この新しい宇宙に到着したことを意味するからだ。 これ要点だった。 アルバム「IS ANYBODY OUT THERE」は、私たちが現在作成しているが、新しい「DPRユニバース」に向かう旅だ。 これは、開始日だけ。 氷山の一角まるでゲームをしているように思える。 そこレンズフレアを軽く下に置かなければなら必要と思います。 オレンジを取り除く... 顔も持っていないムカデ... ミュージックビデオのレビューと最終編集を終えた後、 このチームは、創造的な仲間たちと一緒にミュージックビデオの試写会とアルバムリスニングセッションを開いた。 - @iiseseoul REM:行こうxx KK:DAMN REM:誰こうして。 TK&KK:そうです。(x3) KK:ローマ(IAN)xx個チョルオ、xx LIVE:幸せであるように反応するから。 KK:ファンは全く分からない。 何が起こるか全く分からないんだ。 与えた本物不足しているのがない。 TK:そうだね、私は他のプロジェクトを見ると、もし音楽が良いとしても映像がちょっと不足しそう。 足りない部分がある。 REM:弱い環 KK:正直言って、私は一つも考えていない。(お前のようなチームが) それが少し狂ったよ。 アルバム発売日 LIVE:37分私の不安になっている。 REM:私たちはお前らよりも緊張していて! LIVE:この気持ちは本物... これ最初のガールフレンドよりも震えること? 及んだことじゃない? 準備ができて? 準備ないされたように思える。 IAN:反応がどう?コメントが何を言った? LIVE:読んでみて、読んでみて、上から読んでみて。 グヒョ(ドラマー):10分 REM:みんな準備してください! LIVE:オーマイゴッド REM:私スカイダイビングするように思える。 LIVE:本当のその気持ちだ。 ハリム(ベース):ああ!分残った! ああ!出てくる出てくる出てくる!

「LIFT-OFF」| OFFICIAL IAOT? DOCUMENTARY

OFFICIAL IAOT? DOCUMENTARY _ _ DPR Instagram: instagram.com/dpr_official Facebook: www.facebook.com/officialregime Youtube: youtube.com/dreamperfectregime Website: dreamperfectregime.com/ _ A DPR PRODUCTION
dpr, dpr live, 디피알, iaot, dream perfect regime, is anybody out there, potential, documentary, dpr documentary,
< ?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?><>

< start="2.06" dur="3.94">このビデオを開始する前に、彼ら2018年ワールドツアーの直後にプロジェクトを開始した。 >

< start="6" dur="6">ツアーの成功進行とともに、DPRは、新しいプロジェクトのインスピレーションを得るために始めた。 - 数え切れないほど多くの企画、集中、チームワーク、熱意を必要とするプロジェクト。 >

< start="12" dur="6">この映像は、「IS ANYBODY OUT THERE?」発売3ヶ月前から撮影された映像では、プロジェクト全体のプロセスの中で部分である。 >

< start="18" dur="6.4">このドキュメンタリーのシーンは、プロジェクトの仕上げ段階の日常業務のプロセスをそのまま示している。 - 様々な録音セッションでは、映像会議、お互いの間対話たち。 >

< start="24.42" dur="6.6">ここには、完全に独立し、このエンターテイメントラベルであり、真っ直ぐな夢を持っている友人の集まりであるDPRの素直で真摯な姿が盛られている。 >

< start="40.02" dur="1"> DPR IAN:もしもし? >

< start="41.82" dur="1.08">お元気ですか? >

< start="42.9" dur="1.4">うーん... >

< start="44.3" dur="1.2">だから... >

< start="45.5" dur="10.7">要するに、ジョンがこのアルバムのすべての過程を映像で入れればどうだろうかと思っていた... >

< start="56.68" dur="2.32">最初から最後まで>

< start="59" dur="2.08">うーん...ただ素晴らしいだろうと思った。 >

< start="61.92" dur="2.86">裏で何が起きるのか、人々に示すためにな。 >

< start="64.78" dur="2.62">知っている、DPRが見せなかった姿。 >

< start="67.52" dur="1.96">そして、私たちがどのようそれ水没たかも示し。 >

< start="70.38" dur="2.04">はい、あなたの考えを教えてください。 >

< start="73.08" dur="2.08">良い、良い...さようなら。 >

< start="75.88" dur="2">アルバム発売3ヶ月前>

< start="90.88" dur="3.42"> DPR LIVE:はい、人々はこれを聞くと、何かを感じるだろう。 >

< start="94.3" dur="0.96"> IAN:はい。 >

< start="95.84" dur="3.28"> LIVE:思わぬ感動を受けたら良いだろう。この曲聴きながら。 >

< start="99.44" dur="1.84"> 「HERE GOES NOTHING "から" GERONIMO」まで>

< start="101.66" dur="3.66"> LIVE:ぴったりそれを聞いて、「ああ、これは私が予想していたことはなかった。」 >

< start="105.32" dur="0.58"> IAN:うん、うん。 >

< start="106.08" dur="2.28"> LIVE: "なぜこんなに感動ができますか?」 >

< start="109.46" dur="1.16"> DPR REM:ちょうど続けて。 >

< start="113.3" dur="1.9">飛行機の音を低減>

< start="115.2" dur="1.18">その間に他の効果や音を交差する場合>

< start="116.38" dur="1.66"> LIVE:*サウンドエフェクト*メーデーメーデー>

< start="118.04" dur="1.12"> REM:それではより本物のように聞こえるね。 >

< start="119.98" dur="4.22">そうすれば、あなたは明らかな方法を選ばなくてもいい。 >

< start="124.7" dur="2.38">そして自然に次の部分で進むことができている。 >

< start="127.1" dur="5.1">だから、それも今どのように見れば、私たちが一緒にいる時は少し構成を保持>

< start="132.22" dur="2.6">または、この子が(IAN)思っていた少し "ハイパーループ」のように>

< start="134.82" dur="2.62">スターウォーズのように "zoom"そうする時じゃない。 >

< start="137.44" dur="3.42">そのLEDを少し丸く制作を行うことができれば>

< start="140.86" dur="2.96"> IAN:後ろから見た時と前を見たときちょっと>

< start="144.02" dur="4.18">それどの程度もう少し出たら風雅と思います。 >

< start="148.2" dur="2.62">これは単に私の好みだ。 >

< start="151.46" dur="4.08">何か...金属は風雅のように思える。 >

< start="155.54" dur="1.7">だから最後の部屋じゃない。 >

< start="157.24" dur="3">ですから、ダビングがあなたのカメラの前にすぐに立つだろう。 >

< start="160.38" dur="3.16">そしてあなたは「Do not get s ** t twisted man。 Keep doing you、so I can do me」 >

< start="163.68" dur="2">そしてドアが開き、あなたがジャンプだ。 >

< start="165.68" dur="0.92"> REM:それ "NEON"を一度に撮影か? >

< start="167.1" dur="2"> IAN:はい、一度に撮れるよ。 >

< start="169.1" dur="1.62">一度に撮ることができ、... >

< start="171.22" dur="1.08">知っている、いくつかのことを行うことができ、... >

< start="172.32" dur="1.26">それは私が考えをみなければなら要素だろう。 >

< start="173.58" dur="2.98"> REM:その後、子一つは、そこから>

< start="176.56" dur="1.36">スピンまあ...このようなもの>

< start="179.44" dur="1.48">また、今ではどのように撮るか>

< start="180.92" dur="1.86">ここでどのよう除去できるかどうかが重要。 >

< start="183.28" dur="1.58">このセットで。 >

< start="184.86" dur="2"> REM:本当にクールなパッケージCDデザインを救った。 >

< start="187.08" dur="1.54"> IAN:ああ、本当に?再び返してくれました? >

< start="188.62" dur="0.74"> REM:私たち(CDデザインアーティスト)と一緒にそれをやった。 >

< start="189.36" dur="2.54">スペースパッケージ>

< start="193" dur="1.9"> IAN:よクールです。ネクストレベルね。 >

< start="194.9" dur="1.4"> REM:これネクストレベルではないと? >

< start="197.34" dur="1.18"> IAN:私はそれ考えもできなかっただろう。 >

< start="198.52" dur="1.4"> REM:この方法粋かどうか知ら? >

< start="216.36" dur="1.74"> CLINE:一つずつ入ってみよう。 >

< start="246.68" dur="2.38"> CREAM:後ろを文字列に長くドラッグする必要がして。 >

< start="249.06" dur="2.66"> LIVE:はい、長く集め「フェードアウト」感じを持って行かなければなら。 >

< start="261.6" dur="1.96"> REM:論理的に言えば>

< start="263.94" dur="2.04">映像の3つを作成のか、それとも2つを作って>

< start="266.9" dur="2.62">もっと力を与えるのか...そんなんだ... >

< start="273.86" dur="2.22"> LIVE:うんうん...ただ...惜しいかけるそれだったんだ>

< start="276.26" dur="2.6">ただ...私たちが想像していたすべてのもの... >

< start="279.7" dur="0.84"> IAN:右、右。 >

< start="280.54" dur="2.62"> LIVE:世界の人々が、その部分を絶対に分からないように思える。 >

< start="285.18" dur="1.04"> IAN:私は今マクヒョトオ。 >

< start="288.88" dur="1.38">それはあまりにも難しい... >

< start="292.72" dur="2.92">何かはるかに複雑なった。 >

< start="298.1" dur="2.8">今しようとするのが、私たちが持っている要素を使用して>

< start="300.9" dur="2.78">ストーリーを最大限想像をしている。 >

< start="306.36" dur="3.2">むしろ、私たちが最初に想像して行こうとしていた方向がこうだったら>

< start="309.56" dur="4.02">今続けほど行く方向がずれている。 >

< start="314.08" dur="3.7">だからこれ、これ、これらを私たちが放棄になったんだ>

< start="318.2" dur="2.4">問題があまりにも多かった。 >

< start="320.6" dur="2.54"> REM:期待したのとはあまりにも違って出てきた。 >

< start="323.34" dur="0.96">ダビングが時間に追われ、 >

< start="324.3" dur="1.04">ローマが見る時はセットデザインが想像したのと別の方法で得られた>

< start="325.34" dur="2.5">ただ...すべて...コスチュームまで>

< start="328.22" dur="2.32">私たちは最善を尽くしたが、うまくいかなかった。 >

< start="330.96" dur="2.6">ここで疲れている場合ダメ。ただ...再び適応をすべき。 >

< start="338.06" dur="1.26"> LIVE:ぎこちないませんか? >

< start="341.04" dur="1"> IAN:いいえ、それ以前にも良かったのに。 >

< start="342.46" dur="1.24">ところで、なぜ変えたのか分からない。 >

< start="344.46" dur="3.02">それは少しおかしくなる唯一の理由は、その歌詞から。 >

< start="347.48" dur="2.38"> 「Uh、got the lows、got the lows " >

< start="350.4" dur="2">だから、CREAM型はそれより自然するつもりです。 >

< start="353.1" dur="1.52">さて、その音、ビート>

< start="355.18" dur="2.12">ピアノの部分まで自発よ。 >

< start="357.3" dur="1.22"> CREAM:一度はまあ、みましょう。 >

< start="358.52" dur="1.18"> LIVE:ちょうどみよう、一応は。 >

< start="379.06" dur="0.68"> LIVE:レガシー>

< start="379.74" dur="1.02">コレだけ出したとき、いい。 >

< start="382.58" dur="1.9">自己セン声で>

< start="390.58" dur="0.9">ああ、ジューシー面白い! >

< start="391.8" dur="1.68"> IAN:はい、それは少しより>

< start="393.98" dur="1.1">感じる必要があり行う。 >

< start="418.6" dur="2.46">アルバム発売2ヶ月前>

< start="426.64" dur="0.88"> REM:オレンジ>

< start="427.78" dur="1.78">ウンビョル(スタイリスト):オレンジですか?オレンジはまだました。 >

< start="430.98" dur="0.76">オレンジよ。 >

< start="431.74" dur="2.08"> REM:これはいいし、オレンジ色のは>

< start="433.82" dur="1.74">ああ待っロゴはそれですか? >

< start="436.16" dur="0.82">黒>

< start="437.44" dur="1.38">これみんな大丈夫だったよ。 >

< start="439.16" dur="0.98">精勤(スタイリスト):手起こすない離れて。 >

< start="440.14" dur="2.22"> REM:一度マスクは、その二つのしかない準用(スタイリストアシスト):これは合わない持って>

< start="442.36" dur="0.88"> REM:カスタムはどのように? >

< start="443.24" dur="4.54">ウンビョル:横にはヨロトゲ少しマスクひものようなものがあれば、よりきれいだろうか? >

< start="450.06" dur="2.74">ここ付着をさせるとされ、このようなように>

< start="453.38" dur="1.92">このような紐が必要であるこれぞ>

< start="455.76" dur="1.5"> REM:知っている、何は言って。 >

< start="457.96" dur="1.46"> IAN:考えていた、もし>

< start="459.42" dur="3.22">ダビングががバンダナ、黒バンダナを持つことができている場合>

< start="462.64" dur="2.2">わき腹を覆うことができた。 REM:おそらく>

< start="464.84" dur="0.86">その音が好きです。 >

< start="478.92" dur="2.74">ウンビョル:それは多頻度がむき材もいいじゃない>

< start="482.04" dur="0.58"> LIVE:終わり? >

< start="482.62" dur="0.84">ウンビョル:うーん終了します。 >

< start="485.04" dur="2.24"> IAN:どう?歩くことがありますか?移動できますか? >

< start="487.78" dur="1.76"> LIVE:うん、気楽行う。 >

< start="489.92" dur="2.26"> IAN:これはあなたのバッグに接続だ。 >

< start="492.18" dur="0.58"> LIVE:うん。 >

< start="494.34" dur="1"> IAN:好き良い。 >

< start="496.28" dur="3.46"> DPRがこのアルバムのためにここまでしてきた多大な努力にもかかわらず、 >

< start="499.74" dur="3.16">まだ終わっていない複数のトラックと多くのデモが不完全だった。 >

< start="502.9" dur="3.48">締め切りが迫っている中で、必死に創造性を発揮しようとが>

< start="506.38" dur="2.96">ライブは短い旅行を要請し、都市から遠く離れている、新しい環境での歌の作業を行った。 >

< start="510.26" dur="2.3"> LIVE:変わるのが風雅のように思える...人々が>

< start="512.56" dur="2.26">たとえば、「王、ラップ " >

< start="533.64" dur="2"> CREAM:ああ、心が楽になる。 >

< start="535.64" dur="0.9">とても良いです。 >

< start="551.4" dur="1.28"> LIVE:頑張って... >

< start="552.68" dur="1.04">健康に食べよう! >

< start="588.64" dur="3">スタントチームの監督:感じだけ飲み物ホールド面は私達が今撮影時>

< start="591.64" dur="1.5">カメラセッティングに合うように>

< start="593.14" dur="1.76">そこで少しずつ修正をしながら>

< start="594.9" dur="0.74">そうすればなると思います。 >

< start="595.64" dur="1.14"> LIVE:はい。わかりました。 >

< start="609.3" dur="1.92"> IAN:忍者... >

< start="611.22" dur="0.86">ニンジャタートルズ... >

< start="613.4" dur="0.9">いい〜 >

< start="616.06" dur="0.86"> LIVE: "Potential" >

< start="619.42" dur="1.94"> [ムービー撮影前の日] >

< start="631" dur="1.52"> IAN:そっちを見て。 >

< start="640.8" dur="2.6">そこまでない出てないでしょう?これも出てくるのがよりナトナ? >

< start="644.52" dur="1.68">このような場合には、? >

< start="668.54" dur="1.36">うーん、大丈夫だ、大丈夫だ。 >

< start="674.12" dur="1.88"> [ムービー撮影日] >

< start="676.5" dur="1.52"> REM:これ持って行かなければならませんか? >

< start="678.02" dur="1.08">準用:はいはい。また、 >

< start="683.14" dur="2.2"> CLINE:私?駐車するときいくつかのチョルアト語>

< start="686.56" dur="1.38">ヨンオ(マネージャー):おい、駐車よく言った... >

< start="687.94" dur="0.72"> CLINE:駐車ず足... >

< start="689.14" dur="0.9"> IAN:行こう... >

< start="690.92" dur="1.02">出発しよう... >

< start="718.7" dur="3.86">号(助監督):して...地球...これは今白い色? >

< start="729.14" dur="1.64">号:ああところで「LEGACY」の服がこれぞ? LIVE:ああ、これラップ部分ですか? >

< start="731.28" dur="1.58"> IAN:うん。これ最初はこのように起動しよ。 >

< start="732.86" dur="1.46">さて、これが「NEON」と想像みよう。 >

< start="734.32" dur="3.38">しかし、「LEGACY」は、同じシーンで始めたが、あなたは今、火星にいる。 >

< start="756.62" dur="3.22">準用:膜離れて得た。それ緩め>

< start="759.84" dur="1.64"> REM:点灯しない。 >

< start="761.48" dur="1.3">汗のためであるように思える。 >

< start="771" dur="0.88">助監督:息ができない休んれ? >

< start="783.32" dur="0.88"> IAN:大丈夫です。 >

< start="785.82" dur="1.2">ドローン運転(ギムミンチャン)スモッグ散布語? >

< start="787.02" dur="1.12">ジョーガムゴク:スモッグよ! >

< start="791.26" dur="0.72"> LIVE:わかる。 >

< start="791.98" dur="1.16"> IAN:手に落ちるだろう。 >

< start="793.86" dur="0.92">分かる? >

< start="794.78" dur="1.32">そうするうちに落ちるとるだろう。 >

< start="804" dur="0.96"> LIVE:これは一度よりしてみよう。 >

< start="804.96" dur="0.74"> IAN:もう一度したいですか? >

< start="806.18" dur="1.28">あなたはボタンを触れている>

< start="808.14" dur="1.2">スイッチつけて>

< start="809.34" dur="1.36">あなたは、実際にそれを運転している。 >

< start="829.76" dur="2.7">ヨンオ:ダビングああ私を占めていい。 >

< start="832.62" dur="1.26"> CLINE:二日目IAN:二日目>

< start="835.14" dur="1.04">かっこいい。 >

< start="836.48" dur="2.42">映画の撮影現場に来た感じなのに。 >

< start="839.36" dur="2.06">これは我々が正確に行うことだ。 >

< start="842.48" dur="2.28">確かに>

< start="844.76" dur="3.46"> 「宇宙の旅」、「スター・ウォーズ」から多くの影響を受けた。 >

< start="848.76" dur="2.22">私育ったこのすべてのもの>

< start="852.2" dur="1.98">さて、行く...ジェロニモ>

< start="854.66" dur="0.6">アクション... ! >

< start="867.36" dur="1.14">カメラを前、例えば... >

< start="869.46" dur="1.24">かなり面白いんじゃない? >

< start="875.06" dur="1.48">こうしたことじゃない。 >

< start="879.36" dur="2">フェンシングするふりをすることも、 >

< start="882.66" dur="1.76">エネルギーに...楽しみながら行う。 >

< start="893.28" dur="0.74">行くよ! >

< start="904.06" dur="0.86"> REM:そりゃ、そりゃ、そりゃ! >

< start="904.92" dur="0.5">カット! >

< start="905.6" dur="1.12">行こう!それだよ! >

< start="911.04" dur="0.82"> IAN:起きて... >

< start="912.86" dur="1.06">横を見ると思います。 >

< start="915.56" dur="0.64"> LIVE:わかる。 >

< start="958.22" dur="0.96"> IAN:さて、すべての上、多終わった。 >

< start="960" dur="0.98">終わった、型。 >

< start="961.62" dur="1.2">はい終わりました! >

< start="962.82" dur="1">助監督:ご苦労様! >

< start="963.82" dur="2.46">ご苦労様! >

< start="968.58" dur="2.44">アルバム発売1ヶ月前>

< start="971.76" dur="2.72"> [ミックスシンスタジオ] REM:両方の部分を犠牲が必要です。 >

< start="974.88" dur="2.22">あまりにも芸術に向かってのみ行くならないように思える。 >

< start="977.1" dur="3.6">例えば、「ああ、私たちはこれであるデシベルをもっと下げよ...」 >

< start="980.7" dur="1.52">このようなもの>

< start="982.22" dur="1.32">はい、もう一度することができている。 >

< start="983.54" dur="1.6">しかし、私たちはずっと後ろに行かないだろう。 >

< start="985.14" dur="2.24">なぜならこのようにすると、すべてのものが遅滞なれば。 >

< start="987.78" dur="2.24"> IAN:ところでこれは... >

< start="991.82" dur="1.58"> REM:私たちが遅れる場合に>

< start="994.12" dur="4.66">ところで私は100パーセント、99パーセント遅いだろうと確信して。 >

< start="1004.76" dur="2.16">これを見ている人に教えて寝る>

< start="1008.44" dur="2.66">私たちは本当に締め切りに近づいている。 >

< start="1011.5" dur="2.1">そして、私の役割のすべての人々には>

< start="1015.02" dur="2.96">これが一番のストレス受けることだ。 >

< start="1018.72" dur="2.02">だから、私たちはここに集まっている>

< start="1022.02" dur="2.64">私たちはお互いに更新し、 >

< start="1024.66" dur="4.14">このすべてをパッケージして最終版をマスタリングに送信できるようにするんだ...しかし、 >

< start="1031.14" dur="2.42">今はかなりのストレスをたくさん受けています。 >

< start="1050.14" dur="2">文字列監督:93まではして後ろにコピーして>

< start="1052.14" dur="3.82">後ろトレモロも同様にそのようにすれば良いと思われる。 >

< start="1066.18" dur="6.52">現在のトラックの「KISS ME」と「NO RESCUE NEEDED "の文字列を記録を終えて、チームは音楽を作る過程で最も重要な部分の一つであるミキシングを始めた。 >

< start="1072.7" dur="6.06">しかし、時間の制約と仕上げのために、DPRは、彼らの残り時間をどれだけ使用したかについて創造する必要がありました。 >

< start="1081.12" dur="5.6"> REM:私と今日のクリーム型は型(ミックスエンジニア)が送ったミックスにすべてを私たち同士メモして... >

< start="1087.32" dur="5.06">私たち同士いくつかの整理をしてダビングがに終盤確認を受けるとしている。 >

< start="1092.38" dur="3.76"> LIVE:だから...日(x9) >

< start="1101.14" dur="2.6">もっと...前の...前フック>

< start="1105.14" dur="2.92">少し合わないようで... >

< start="1108.24" dur="2">ロー一つが何か...も>

< start="1110.24" dur="2.36"> 「オオオ「そうさが... >

< start="1112.6" dur="3.1">要件は... "語語「そう出たらいいのに>

< start="1126.58" dur="1.24"> IAN:このように聞こえるよ... >

< start="1129.22" dur="1.2">幾重にも積もっ。 >

< start="1153.68" dur="0.92"> LIVE: "So I hit the" ... >

< start="1154.6" dur="1"> IAN:そうそうそう。 >

< start="1156.7" dur="4.14">もしかしたら、そこに変化を与えることができるサウンドがある場合は? >

< start="1164.46" dur="1.16"> LIVE:それ録音して。 >

< start="1170.42" dur="2.42"> LIVE&IAN:ああそれ、最後のゴヨトオ最後何か。 >

< start="1172.84" dur="1.32"> LIVE:聞いてみよう。 >

< start="1174.16" dur="2"> IAN:音ちょっと育ててください。 >

< start="1187.76" dur="1.26"> IAN:オリジナル何だった? >

< start="1191.34" dur="1.7"> REM:一音より低く。 IAN:そうそう。 >

< start="1193.04" dur="2.7">私はそれが...しかし、私はそれより慣れのに。 >

< start="1196.4" dur="1.24"> REM:私はこれより慣れ。 >

< start="1201.2" dur="0.84">好き〜 >

< start="1204.46" dur="5.36"> IAN:私は "HERE GOES NOTHING」のコーラスをしている。 >

< start="1209.82" dur="5.22">この歌に60人が参加したかのように見えるようにしようとしている。 >

< start="1215.04" dur="2.74">これは容易ではない。さて、一度聞いてみよう。 >

< start="1217.78" dur="1.82"> LIVE:オーケーオーケーオーケー>

< start="1234.44" dur="1.12">はい>

< start="1235.56" dur="1.16">今終わった。 >

< start="1237.5" dur="2.68">この歌は...まだ次の曲が残っている。 >

< start="1256.74" dur="2.58">今、私は今できるのは「NEON」エンディングなのに>

< start="1261.16" dur="2.54">知っている歌詞に続く「Your kisses make me go "または>

< start="1263.7" dur="2.82"> 「Your kisses make it go、neon、neon "が出てくるんじゃない>

< start="1266.52" dur="2.18">素敵だと思って>

< start="1268.7" dur="1.74">サビ部分もエキサイティングに... >

< start="1270.44" dur="1.54"> 「Neon」というが>

< start="1272.26" dur="3.7">私は人々が「neon」を見て感じることができるよう釘したものと思います。何は言って知っている?だから>

< start="1282.12" dur="0.86">私はよく分からない。 >

< start="1282.98" dur="1.26"> IAN:好き...良いと思います。 >

< start="1284.24" dur="3.42"> LIVE:そして "紫、青、紫、ピンク"をしてから、「お前」と言って。 >

< start="1287.66" dur="0.56"> IAN:良い。 >

< start="1288.22" dur="2.16">最大限その程度なられるようだ>

< start="1290.38" dur="1.6">多たように思える。 >

< start="1291.98" dur="3.44">永遠終わるようでなかったミキシング、修正および録音は、最終的に終わった。 >

< start="1295.42" dur="3.64">ミキシングが終わっマスタリングスタジオに行く時間になった... >

< start="1300.38" dur="1.22"> LIVE:マスターズ>

< start="1314.12" dur="1.24"> CREAM:大丈夫。かっこよくLIVE:多どう思う? >

< start="1320.52" dur="3.72"> 「NO RESCUE NEEDED "の最後には重要だと思う>

< start="1324.84" dur="1.84"> CREAM:ここに壊そう...声出る前に>

< start="1333.4" dur="1.04">マスタリング監督:苦労しました。 >

< start="1334.44" dur="1.16"> REM:ない型。 >

< start="1336.86" dur="1.06"> LIVE:よく来ます。 >

< start="1338.4" dur="1.7"> REM:型も一度遊びに来て。 >

< start="1340.1" dur="1.64">マスタリング監督:遊びに行くのに... >

< start="1341.74" dur="1.1"> CREAM:型も忙しいでしょう..? >

< start="1344.04" dur="1.08"> 【ティーザー発売日]ヨンオ:本物かっこいい。 >

< start="1345.12" dur="0.74">ウンビョル:もちろんです。 >

< start="1347.14" dur="2.68"> IAN:知っている知っている...でもREM:私以外のメオでティーザー4k HDにダウンロードした。 >

< start="1349.82" dur="2.68"> IAN:4kはちょっと暗くて...だからREM:停止します。おくつろぎください。 >

< start="1352.5" dur="2.46"> REM:あなたの奇妙な薬を食べた。 >

< start="1354.96" dur="2.92">あなたは4kという薬をした。 IAN:ない...これは職業病だ... >

< start="1357.88" dur="2.66"> REM:ない。それだけで「無駄な病気」だ。 >

< start="1360.54" dur="1"> IAN:信じて、信じて。 >

< start="1361.94" dur="1.94">このような大きな違いがないことを分かる... >

< start="1364.08" dur="1.02"> LIVE:4分>

< start="1368.9" dur="1.24"> 3分残った。 >

< start="1371.26" dur="1.36"> CREAM:あなたから上げ>

< start="1373.68" dur="1.08"> LIVE:2分>

< start="1374.76" dur="1.3">世界が用意されてますか? >

< start="1377.1" dur="1.04">世界が用意されてますか? >

< start="1378.14" dur="1.22">準備ないされたようだ>

< start="1379.88" dur="0.62">オー!引き上げた!!! >

< start="1382.48" dur="0.88"> CREAM&ウンビョル:引き上げた。 >

< start="1400.32" dur="5.88"> IAN:第101編集セッションに来たことを歓迎します。 >

< start="1406.2" dur="2.62">ここは私の小さな家のスタジオだよ。 >

< start="1408.82" dur="2.1">私は私たちの家で編集することが好きです。 >

< start="1410.92" dur="0.9">私元を与えるからであり、 >

< start="1411.82" dur="2">この子がいるからで>

< start="1415.38" dur="1.52">ロリ:第...してくださいご主人様... >

< start="1417.26" dur="2.84">今、私は「LEGACY」を編集している。 >

< start="1420.1" dur="2.54">そして、これは最初のミュージックビデオ発売になるだろう。 >

< start="1422.64" dur="10.46">編集は私の計画のプロセスの60〜70%程度であり>

< start="1433.1" dur="4.98">残りは計画、撮影... >

< start="1440.26" dur="1.28">良いようだね。 >

< start="1441.54" dur="2.7">従ってこのビデオは非常に重要。 >

< start="1444.24" dur="4.42">これは、このビデオは、多頻度が、この新しい宇宙に到着したことを意味するからだ。 >

< start="1448.66" dur="0.84">これ要点だった。 >

< start="1449.5" dur="10.06">アルバム「IS ANYBODY OUT THERE」は、私たちが現在作成しているが、新しい「DPRユニバース」に向かう旅だ。 >

< start="1459.56" dur="1.8">これは、開始日だけ。 >

< start="1461.36" dur="1.88">氷山の一角>

< start="1465.18" dur="1.4">まるでゲームをしているように思える。 >

< start="1471.56" dur="2.9">そこレンズフレアを軽く下に置かなければなら必要と思います。 >

< start="1474.92" dur="1.64">オレンジを取り除く... >

< start="1478.62" dur="2.34">顔も持っていないムカデ... >

< start="1480.96" dur="2.5">ミュージックビデオのレビューと最終編集を終えた後、 >

< start="1483.46" dur="3.38">このチームは、創造的な仲間たちと一緒にミュージックビデオの試写会とアルバムリスニングセッションを開いた。 - @iiseseoul >

< start="1499.48" dur="1.76"> REM:行こうxx >

< start="1501.24" dur="1.42"> KK:DAMN >

< start="1504.9" dur="1.02"> REM:誰こうして。 >

< start="1505.92" dur="1.24"> TK&KK:そうです。(x3) >

< start="1507.16" dur="1.46"> KK:ローマ(IAN)xx個チョルオ、xx >

< start="1508.62" dur="1.84"> LIVE:幸せであるように反応するから。 >

< start="1527.26" dur="2.34"> KK:ファンは全く分からない。 >

< start="1529.6" dur="3.52">何が起こるか全く分からないんだ。 >

< start="1533.12" dur="1.38">与えた本物>

< start="1534.5" dur="2">不足しているのがない。 >

< start="1536.5" dur="4.74"> TK:そうだね、私は他のプロジェクトを見ると、もし音楽が良いとしても映像がちょっと不足しそう。 >

< start="1541.24" dur="1.22">足りない部分がある。 >

< start="1542.46" dur="0.92"> REM:弱い環>

< start="1543.38" dur="3.8"> KK:正直言って、私は一つも考えていない。(お前のようなチームが) >

< start="1547.18" dur="2.22">それが少し狂ったよ。 >

< start="1552.06" dur="1.76">アルバム発売日>

< start="1557.64" dur="1.48"> LIVE:37分>

< start="1559.12" dur="1.88">私の不安になっている。 >

< start="1564.72" dur="3.94"> REM:私たちはお前らよりも緊張していて! >

< start="1571.52" dur="2.18"> LIVE:この気持ちは本物... >

< start="1573.7" dur="2.02">これ最初のガールフレンドよりも震えること? >

< start="1575.72" dur="1.48">及んだことじゃない? >

< start="1577.2" dur="1.84">準備ができて? >

< start="1579.06" dur="1.86">準備ないされたように思える。 >

< start="1580.92" dur="1.38"> IAN:反応がどう?コメントが何を言った? >

< start="1582.3" dur="1.8"> LIVE:読んでみて、読んでみて、上から読んでみて。 >

< start="1586.2" dur="1.46">グヒョ(ドラマー):10分>

< start="1589.76" dur="2"> REM:みんな準備してください! >

< start="1594.5" dur="1.62"> LIVE:オーマイゴッド>

< start="1596.14" dur="2.68"> REM:私スカイダイビングするように思える。 >

< start="1598.82" dur="1.48"> LIVE:本当のその気持ちだ。 >

< start="1601.94" dur="1.54">ハリム(ベース):ああ!分残った! >

< start="1611.9" dur="1.36">ああ!出てくる出てくる出てくる! >